スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←忘れたわけじゃないんだよ… →酒蔵巡りat神戸
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 京都
もくじ  3kaku_s_L.png 展覧会
もくじ  3kaku_s_L.png 古典芸能
もくじ  3kaku_s_L.png お酒
もくじ  3kaku_s_L.png 大阪
[忘れたわけじゃないんだよ…]へ [酒蔵巡りat神戸]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

京都

京都散策〜下鴨神社

 ←忘れたわけじゃないんだよ… →酒蔵巡りat神戸
あ〜、久しぶりにソフトボールなんてしたもんで、全身が筋肉痛だよ…
久々に暴れられたから満足だけど。

そんなこんなで崩し字の解読と、プログラミングの課題で頭がボンバイエしそうな中、5月12日にコトサンで出町柳周辺にいってきました。

私の担当班は下鴨神社だったから今回はそれについてだねえ。

では本編スタート

今回はようやく写真付き。

今回元々は京都御所の班を担当してたんだけど、人数の影響で取りつぶしになったので下鴨神社にいくことになったわけだ。

 そんな私たち一行がまず最初に行ったのは河合神社だ。
 どちらかというと女性に御利益がある神社らしいが、縁結びにも良いと聞いたので普段あまりやらないおみくじを買ってみた。それ自体は小吉だったわけだが、そいつはともかくとして、このおみくじの形態というのも面白いなと思った。一番外側には番号が書かれていて、開くとまず最初に和歌があって、その歌の解釈、そこから各運勢に関することが書かれているのだが、和歌というのは特に貴族の間では重要なコミュニケーションツールだった。歌によって本当に様々なことを表現していたようだが、その文化の名残りともいえるものをかいま見ることが出来たように思う。他の神社のおみくじの形態とかいつ頃からおみくじが存在しているのかに関してきっちり把握しているわけじゃないから確定的なことは言えんが、和歌の文化が今でも残っているのは感慨深かったねえ。

河合神社を出たら糺の森を抜け、いざ下鴨神社へ
…の前にこんなのを見つけた。
IMG_0993.jpg
さざれ石…そう、日本の国歌『君が代』の歌詞にあるあのさざれ石だ。
 さざれ石とは本来は細かい石のことらしいが、なんでもこの石、未だに成長を続けているのだという。いわば生命の象徴だ。
 下鴨神社の中には他にも不思議な石が2つほどあるらしい。残念ながらそちらの方にゃ気づかなかったんだが、なぜそんなにも不思議な石がたくさんあるのかは興味深い点だ。


 さて、その下鴨神社だが、行った時には丁度御蔭祭の準備をしているところだった。
御蔭祭というのは神社に比叡山の方から新しく神様をお迎えする行事なんだそうだ。ちなみにそれまでいた神様を追い出すことは無く、毎年同じ神様をお迎えするのだという。う〜む、なんとも不思議な話、とても人間の尺度じゃ分からないねえ。
 この御蔭祭の後にはかの有名な葵祭があるのだが、これは天皇家が上鴨、下鴨の両神社に対して勅使を出して五穀豊穣を祈願したのがもとで、今もその当時の形態を受け継いでいるのだという。天皇家が使者を送るくらいなので、下鴨神社には相当偉い神様が祭られているのだということが感じられた。IMG_0995.jpg
↑捧げものもこんな感じ、これだけあったら天国だねえ(笑)

聞き取りで分かったのはこんな感じかな。

 中に入ると尾形光琳の「紅白梅図屏風」の元になった梅の木や各干支の社があったりしたわけだが、今回は大炊殿にも入ってみた。
 ここは拝観料もかかるのだが、それだけあって面白いものが大量におかれていた。明治天皇が使われた木馬(乗馬の練習用)や孝明天皇の時の加茂祭りの様子など、天皇家に関わるものが多くあった。そりゃあ天皇家とすごく関わりが深い神社だしねえ…
 そんな中にひとつ、徳川家ゆかりの輿があった。たしか実物だったかな…サイズ自体は私らが乗ったらぎゅうぎゅうだろうねえ、というくらいの感じ。一体誰を乗せたのか、私たちが考えた結論は姫様だったんじゃないかというものだ。果たして正解なのかどうなのか…真相を知っている方、よろしくたのみます。

 では今回のまとめというか全体を通じて感じたことだが、ここはかなり古くからある神社らしく、糺の森やその御神木、石にまつわる不思議などからみて、日本の原初の信仰の名残り、それから神事の形式より日本独自の信仰の形態をそのまま今に伝えているということが読み取れた。また、これは御伊勢さんに行った時にも感じたことだが、下鴨神社でいうと糺の森を抜けているとき、つまり参道というのが神社の中でかなり重要な意味を持っているのではないかということだ。なんていうか…説明がもの凄い難しいのだが、本殿にたどり着くことがゴールではない、到着したら終了ではない、なんかそんなような気がするのだ。
 いや〜、あんまり感覚的なところに走ると何がなんだか分かんなくなっちゃうねえ…
というわけでここについてはまたおいおい考えていくことにしよう。私一人じゃ結論が出そうもないから、他の人にも聞いてみたりしてやっていこうかな。

というわけで、下鴨神社編はこれで終了。
次回は宇治だったかい。新歓ももうさいごだよ。時の経つのは早いもの

それではまた。
スポンサーサイト

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 京都
もくじ  3kaku_s_L.png 展覧会
もくじ  3kaku_s_L.png 古典芸能
もくじ  3kaku_s_L.png お酒
もくじ  3kaku_s_L.png 大阪
[忘れたわけじゃないんだよ…]へ [酒蔵巡りat神戸]へ
 

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • [忘れたわけじゃないんだよ…]へ
  • [酒蔵巡りat神戸]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。